休みだー!! こんばんは

ゴロゴロと睡眠をむさぼろうと思っていたのだが
ちび太が 枕元に来て 毛を吐き出す音で起床(爆)
…間に合った

まぁ起きてしまったし
気になってたズボンのゴム直しとかしとりました

ちび太の餌を宅配で受け取りつつ
後はただボーッと…

なんとなくマタタビスプレーとか使ってみた

ら 近くに花子が!!(笑)
20140429_195718.jpg
あら?なんかココいい香り

少し暑いと思われる昼間にはその場所はいいかもしらん
一番涼しいし




さてホンマ愚痴を↓
先日、疲れて帰宅した直後の俺に
ニートの弟が笑顔で言ってきた
『親父がサシミ買って来てくれたんで御飯炊いたよー!』

しかし俺はその時疲れていたので、思わず本当の事を言った

「何もしないのに美味い物食えていいな」

それから弟は家の物を食べないとゆースト?を起こしているらしい
まぁ何かしら食べてはいるんだろうけど
どうせ飢えて死ぬなんて事はできないだろーし

働きたくても仕事がない
…そんな事ならと、今まではまぁ目を瞑っていた

実際ここ数年は仕事を見つけて行っても
あちらからクビを言い渡されていたから、こちらでは仕方ないと思えた。
そこの職場では合わなかったんだろうと

しかしヤツは少し前に親父のコネで仕事に行けたのである

別に向こうからクビを言い渡されたわけでもなく
続けて仕事に使ってもらえてた
職場環境も悪くない、仕事自体のハード差とかはともかく
人間関係とかでのゴタゴタもなさげであった

やっと定職に就けそうだ…と安心したのもつかの間
ヤツは自分で仕事をやめてきたのだ

やりたい仕事でも見つけたのかと思ったが
そうではなく、ずっとネット見て笑ってる
『きっと、おれにぴったりな別の仕事があるに違いない!』
なんて精神でやめてきていたとしたら学習能力がないのにも程がある

それで何年ニートしてた今まで!!
その何年間探しても、ぴったりの仕事なんか無かったんだろう! と

こう言うと決まって年齢を聞かれるがヤツは俺の1つ下なだけである
まぁ俺の時にはなかった学校の週休2日制を体験してるとゆー差はあるにしろ。
知っている方からすると5.6歳は下だと思われている

本気でいつまで親のすねかじって生きるつもりだろうかと…
そしてまだ先だが親が居なくなった時

俺に泣き付かれても何の努力もしてないヤツは
間違いなく俺、見捨てるぞ


…あー…つい書いてしもた…。